コンテンツへスキップ

芸能人はどの様に顔にこだわるのか

顔を知り、見せることで向上させる

顔にこだわりのある業界と言えば芸能界がまず思い当たります。特に顔の善し悪しで人気が上がる、俳優、声優、モデルなど見た目が大切になる場合は、それなりにこだわることが多いのが現状です。

こだわりには幾つかの方法があります。一つは顔のコンディションを上げる、又はキープすることです。これに必要となるのが、美容外科や美容皮膚科となります。他方はテクニックにて良い顔を作り上げる方法です。これはドラマ出演、写真撮影、で美しさを演技することで印象付けます。

今回はテクニックで美しさを印象付ける方法の紹介です。
顔の印象を左右するパーツは目、鼻、口、輪郭、しわ、肌の張りなど様々ですが、自らの力で演技できるのは目、鼻、口の3つです。特に目の印象を変えることにより、人格を変えて見せることも可能です。そこで此処では目の表現の方法を考えてきます。

良く芸能界では印象的な顔の持ち主の事を「目力が強い人」などと言います。この目力を出す方法は幾つかのテクニックを重ねることで完成します。

一つ目は目を大きく開けることです。元の目の大きさに左右される部分もありますが、大きく見開くことで、たとえつぶらな目であっても印象を強くさせることが可能です。ポイントとなるのが目を大きく開いている印象を付ける事です。

人は驚いたり、怒ったりするときに自然と目を見開いる場合が多いので、見開くことで他人の注意を引くことが出来るのです。

そして大切なのが顔に感情を入れ込むことです。単に目を大きくるだけでは人の気は引けますが、素適であると印象付けることはできません。美しさや可愛さはを表現するには、自らその性質を認識し表現する必要があります。それがアドレナリンとなりフェロモンを発することに繋がります。そうなれば美しい人、印象深い人、と認識してもらえるようになります。

ここで紹介した顔を印象付けるテクニックは、芸能人向けの写真テクニック、特に宣材写真やオーディション写真を上手く撮る方法のサイトで紹介されていることを引用しています。更なる顔の作り方テクニックを模索する方はホームページで公開されていますので、参考にしては如何でしょうか。