コンテンツへスキップ

声優のオーディションで大切な写真のポイントをご紹介

声優業界では可愛くて保守的な感じが好まれている感じがします。保守的とは攻めすぎないと言うことです。それは個性を全面的に押し出すよりは「好感度」を考え大衆に愛されるイメージを作ることとも言えると思います。

可愛い+ちょっと内気+時々大胆と言うイメージ顔とはどんな顔でしょうか。

  • 丸い目にするとがポイントで決して切れ長な目ににはしません。
    目の丸み(丸い目)を強調させるにはメイクアップの役割が大切となります。目の中央に太めのアイラインを書きます。このことにより目の高さが生まれ「丸い目」になります。

  • ルージュは薄いピンク色とします。その上に光沢のある「グロス」を塗ることで女子力も上がりキラキラした仕上がりなります。元の唇に赤みのある人はグロスだけ塗るのが良いでしょう。
    唇を大きく見せると活発なイメージになるので、アウトカーブせず、小さめに仕上げましょう。
  • 髪型
    ストレートのロング又はセミロングがおすすめです。前髪を作りバングは降ろします。少し長めの場合は後ろに流すようにしましょう。そして顔の周りに少し短い髪を作り(カットで作る)頬にたらします。この顔にまとまりつくような短めの髪が最大の特徴と言えます。
  • しゃべり方
    少しうつむき加減でしゃべれば妹系に、真っ直ぐを見てしゃべれば積極的に印象になります。少し照れたように人懐っこくしゃべるのがポイントです。
  • 服装
    基本的にスクールガールのようなファッションが良いです。ブラウスにプリーツのミニスカート+ソックス+ローファーとなります。麻バリエーションとして薄い色のブラウス+フレアースカート+ストッキング+ハイヒールの良いと思います。
  • ネール
    付け爪はしません。薄いピンクか透明のシンプルなカラーをさらっと塗ります。

以上のようなイメージ作りをすることで声優オーディションの顔が出来上がります。そしてここまで考えて撮影する声優オーディション写真と宣材写真が得意なスタジオのご紹介でした。

声優として差別化する時代となっている

人気がうなぎ登りになっている声優業界。

アニメの数が増えれば声優さんのアニメ需要が増えるけど、それと並行して声優さんになりたい人が増えているのでプロダクションに所属するのさえ非常に難しくなっています。

既に声優さんになっている人にとっても人事ではありません。先日お会いした大手声優プロダクション所属の鈴木さん(仮名)は紹介用の宣材写真でも工夫をしています。

最近の声優さんのは「可愛い、唄って、踊れる、ミニスカートが似合う」等のイメージありますが、皆さん似ている感じもします。そこで鈴木さんは所属事務所にはないタイプのイメージ作りが大切と考えました。そのイメージを端的に伝えることが出来るのが宣材写真となります。

宣材写真は所属プロダクションのホームページに掲載されたり、オーディションを受ける際、又はオーディションに通った際にもスタッフに配られます。そのためその宣材写真からくるイメージが一般的な人から見たその方のイメージに繋がります。

そこで鈴木さんは可愛い女性からイケてる女性に方向転換しました。
まずヘアスタイルですが前髪を真っ直ぐに下した定番のバングスタイルから脱出するため、少し伸ばし横分けとしました。これにより大人っぽく見せることが出来ます。
そしてメイクアップはアイライン、アイシャドウを上品にあしらい、ハイセンスで都会的にします。ルージュもピンクよりは赤みを多くし色気をプラスします。

そしてファッションは一般的な声優さんのフェミニンな感じとは一線を画して、体のライン分かるセミボディーコンシャスなワンピースとしました。

そして撮影時の表情も少し大人びた微笑みを浮かべた「美人」のイメージとしました。今回撮影したのは声優の宣材写真やオーディション写真の専門サイトさんで予約したフォトスタジオさんですが、この様にしてニーズをかなえるのだと感心しました。

顔を知り、見せることで向上させる

顔にこだわりのある業界と言えば芸能界がまず思い当たります。特に顔の善し悪しで人気が上がる、俳優、声優、モデルなど見た目が大切になる場合は、それなりにこだわることが多いのが現状です。

こだわりには幾つかの方法があります。一つは顔のコンディションを上げる、又はキープすることです。これに必要となるのが、美容外科や美容皮膚科となります。他方はテクニックにて良い顔を作り上げる方法です。これはドラマ出演、写真撮影、で美しさを演技することで印象付けます。

今回はテクニックで美しさを印象付ける方法の紹介です。
顔の印象を左右するパーツは目、鼻、口、輪郭、しわ、肌の張りなど様々ですが、自らの力で演技できるのは目、鼻、口の3つです。特に目の印象を変えることにより、人格を変えて見せることも可能です。そこで此処では目の表現の方法を考えてきます。

良く芸能界では印象的な顔の持ち主の事を「目力が強い人」などと言います。この目力を出す方法は幾つかのテクニックを重ねることで完成します。

一つ目は目を大きく開けることです。元の目の大きさに左右される部分もありますが、大きく見開くことで、たとえつぶらな目であっても印象を強くさせることが可能です。ポイントとなるのが目を大きく開いている印象を付ける事です。

人は驚いたり、怒ったりするときに自然と目を見開いる場合が多いので、見開くことで他人の注意を引くことが出来るのです。

そして大切なのが顔に感情を入れ込むことです。単に目を大きくるだけでは人の気は引けますが、素適であると印象付けることはできません。美しさや可愛さはを表現するには、自らその性質を認識し表現する必要があります。それがアドレナリンとなりフェロモンを発することに繋がります。そうなれば美しい人、印象深い人、と認識してもらえるようになります。

ここで紹介した顔を印象付けるテクニックは、芸能人向けの写真テクニック、特に宣材写真やオーディション写真を上手く撮る方法のサイトで紹介されていることを引用しています。更なる顔の作り方テクニックを模索する方はホームページで公開されていますので、参考にしては如何でしょうか。

facebookに登録しよう

情報を配信するにはホームページを広く皆さんに見てもらわなければなりません。そこで宣伝として最初にやりたい自分サイトの宣伝方法を紹介します。

最初はfacebookの登録です。フェイスブックには様々な切り口で登録する方法があります。その中で今回は「会社名または団体名」からの登録をおこないます。

今回登録するのは当社の管理しているホームページの一つZOOです。このサイトでは主に出張撮影サービスを行なっています。

facebook登録ステップ

登録画面
  1. まずフェイスブック登録申請ページにアクセスします。
  2. ページが切り替わったら「会社名または団体名をクリック」。
  3. カテゴリ選択と会社名を記入します。
  4. カテゴリから「コンサルティング・ビジネスサービス」を選択。
  5. 会社名に「出張撮影・カメラマン派遣・撮影代行/zoo」とサービス名を記入します。(会社名がそのままタイトルになるので慎重に決めます。)
  6. そして I agree(同意)をチェックし登録します。
  7. 次のページでメールアドレス、パスワードと生年月日の登録ああります。ここで気をつけるのは生年月日が若すぎると登録できません。私の場合自分の生年月日を登録します。
  8. 手順を踏み、「今すぐ登録」をクリックします。
以上の作業後「確認メール」が届けられるので、その文章中にある確認用リンクをクリックすると登録完了です。

※会社名登録では効果的なキーワードとなるように設定するとSEO対策として検索されやすくなります。

facebookに情報を登録しよう

(facebookの情報入力ページ)


開設されたfacebookページに「宣伝文章」を登録します。
最初は画像登録となりますので適宜アップロードします。
ちょうどいい画像がなければスキップすることもできます。

そして紹介文章を書く項目となります。紹介文章はそのまま宣伝文章になります。
文章を書くポイントですが
キーワードをその文章中に記入することです。
そのことによりSEO効果は高くなり、検索されやすくなります。

以上の登録が終わると「実際に投稿」できるようになります。