コンテンツへスキップ

人気の声優になりたい・だったらルックスも大切に

声優のオーディションで大切な写真のポイントをご紹介

声優業界では可愛くて保守的な感じが好まれている感じがします。保守的とは攻めすぎないと言うことです。それは個性を全面的に押し出すよりは「好感度」を考え大衆に愛されるイメージを作ることとも言えると思います。

可愛い+ちょっと内気+時々大胆と言うイメージ顔とはどんな顔でしょうか。

  • 丸い目にするとがポイントで決して切れ長な目ににはしません。
    目の丸み(丸い目)を強調させるにはメイクアップの役割が大切となります。目の中央に太めのアイラインを書きます。このことにより目の高さが生まれ「丸い目」になります。

  • ルージュは薄いピンク色とします。その上に光沢のある「グロス」を塗ることで女子力も上がりキラキラした仕上がりなります。元の唇に赤みのある人はグロスだけ塗るのが良いでしょう。
    唇を大きく見せると活発なイメージになるので、アウトカーブせず、小さめに仕上げましょう。
  • 髪型
    ストレートのロング又はセミロングがおすすめです。前髪を作りバングは降ろします。少し長めの場合は後ろに流すようにしましょう。そして顔の周りに少し短い髪を作り(カットで作る)頬にたらします。この顔にまとまりつくような短めの髪が最大の特徴と言えます。
  • しゃべり方
    少しうつむき加減でしゃべれば妹系に、真っ直ぐを見てしゃべれば積極的に印象になります。少し照れたように人懐っこくしゃべるのがポイントです。
  • 服装
    基本的にスクールガールのようなファッションが良いです。ブラウスにプリーツのミニスカート+ソックス+ローファーとなります。麻バリエーションとして薄い色のブラウス+フレアースカート+ストッキング+ハイヒールの良いと思います。
  • ネール
    付け爪はしません。薄いピンクか透明のシンプルなカラーをさらっと塗ります。

以上のようなイメージ作りをすることで声優オーディションの顔が出来上がります。そしてここまで考えて撮影する声優オーディション写真と宣材写真が得意なスタジオのご紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください